2021年09月24日掲載

薬物療法の進歩によりコンバージョン手術できる症例が増加

2021年09月24日掲載

名古屋大学大学院医学系研究科 消化器外科学講座 教授

小寺 泰弘先生

抗がん剤治療など薬物療法を行うことで腫瘍を縮小、あるいは勢いを減退させてから腫瘍の切除を試みる「コンバージョン手術」の可能性が広がってくるものと期待される。その背景として近年の薬物療法の進歩や、ゲノム情報から最適の薬物療法を選択できる時代が近付きつつあることなどが挙げられる。つまり、以前なら「治癒不能」「予後不良」とされていたような症例でも、治癒あるいは予後の改善を期待できる可能性が高まることが期待されるのだ。

コンバージョン手術の難易度は、通常の手術よりも高くなる場合がある。薬物治療によって病変部周囲が線維化を来たしがちであるためだ。特に薬物治療の期間が長ければ長いほど、その傾向が強まるように思われる(ただし、胃がんでは放射線治療を併用することは少ない点で、まだよいのかもしれない)。

フォームで会員登録をすると、
記事全文が読めるページに遷移できます。

会員登録して全文を読む

医師について

新着記事